どういう経路で場所をお聞きになられた存じ上げませんが、場所はできれば口外しないで下さいね。なにせ、自宅兼事務所ですから。

ああ、そういえば白いもの干し芋が冷蔵庫にありましたね。お茶かコーヒーになりますけどいいですか?

何からお話しすればいいんでしょう?特にお伝えできるような情報はありませんから、我々の紹介でもしましょうか。

このあかがね新聞は、愛媛県新居浜市を中心にしたローカルブログマガジン……と編集長は言ってました。
全国的に知られているものとしては、10月の新居浜太鼓祭りでしょうか。この時期、町の中はなかなか動きづらくなってしまいますので、太鼓好きな方には年に一度の最高な時期なのですが、この時期に仕事をしなくてはならない人間にとっては、憂鬱だったりもします。ええ、新居浜中が祭りの熱気で燃えてるとはいっても、いろんなタイプな人がいますから。
観光地としては、東洋のマチュピチュと呼んでいる、東平(とうなる)の別子銅山跡でしょうか。銅山関係の関連施設の跡地と言えば四坂島っていうのもあるのですが、あれは一般開放されていませんし、新居浜と繋がりが深い島ではあるものの、あそこは今治市ですし……。
おそらく幅広くご理解頂けるものとしては、声優の水樹奈々さんの出身地。編集長曰く、「お恥ずかしい話ですが、私は紅白出場まで存じ上げておりませんでした。」との事。あと、SEX MACHINEGUNSのANCHANG、あとオバマさんの物まねで有名なノッチさんがそうですね。

で、我々ですが、まずそこで居眠りをしているのが編集長の後藤です。やる気があるんだか無いんだかよく判らない人でして、いろいろな事を考えるのですが、行動に至らない事が多いようです。このあかがね新聞も、「ローカルブログメディアになるんだ!」と意気込んでドメインを取ったものの、現状はというとご覧の通りです。

あそこで固まっているのが、あーさん。編集長がマインピア別子の端出場ゾーンに紅葉を見に行った時に気がつかずに踏んでしまったのがあーさんだそうです。最初、編集長はあかさんと呼んでいたらしいのですが、どうやらインターネット上の例の赤ちゃんと名前がダブってしまうようで、あーさんが変えることを懇願したそうです。

私はフネと申します。編集長とはじめて出会った時に名前を聞かれた際、目の前におおしま7が着岸しておりまして、反射的に「ふね」と言った所、その名前が私の名前として定着しています。

あーさんと、私の名前で共通する事というと、「本来の名前」ではないと言う事です。ですが、本名は日本語の発音では表せない為に、皆様の前ではこれらの名前を本名に準じた名前として利用させて頂いております。
私達のようなものの事を、皆様の世界では「妖精」と言うようで、姿はいかようにも見えるのでここで申し上げた姿は必ずしも皆様方の見えた姿とは違うかもしれませんが、この作品の中では編集長や私達の目を通した姿をお伝えする事になるかと思います。

私達が編集長と話している所を「私達が見えない人」が見ると、ひとりごとを言っているなにか可哀想な人に見えるようで。でも、皆さんは私が見えているのだから、たぶん大丈夫でしょう。

多少なりとも、私達の日常をお伝えできればと思っています。

(この記事は、「ライトなラノベコンテスト」に参加したものの締め切りに間に合わなかったものを転載しています。)