新居浜物語(新居浜市公式ホームページ) > 地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価の公開について(リンク切れ)

…交付金の対象だったか…。てっきりWimaxの整備だけかと…。今現在進行で住んでいるエリアのお話なので、身元が特定されてもそれはそれでどうかと思うのだけど、ちょっと批判してみようと思う。


というのも、「評価及び課題」の項目に引っかかったから。
 インターネットサービス、ケーブルテレビサービスともに当初目的に達しておらず、特にケーブ
ルテレビサービスについては、半分にも達していない状況である。
 当該地域における、利便性を含めた認知度の低さが利用率低調の原因の一つとと考えられ
る。


個人的には、低調の理由についてはこんな感じだと思ってます。
・そのエリアで一般的に視聴されていた「テレビせとうち」をSTBの繋がっているテレビでしか見られないチャンネルでしか再配信しない
無論、「(STB付けたらSTB経由で)見られますよー」という言葉を()内の言葉の存在に気がつかず契約して、絶望してしまうという人も少なからずいるようで、地元に競合会社がないからこそできる荒技です。
もちろん、県内局ではなく、別に「絶対やんなきゃいけません」と種別のものではありませんが、地上アナログ時代は、このケーブルテレビ経由でご覧になっていた方がいて、地デジではアナログの廃止ギリギリまであるやらないやら引っ張られたあげく、近隣のケーブルテレビに地デジでの配信に先を越されたあげく、やっと配信されると思ったらSTB配信限定って話。
もちろん、配信開始が遅れたのは民放連や総務省の態度の影響があったのは否めないのだけど、STB経由しないと見られない仕様だと、テレビそのものについている機能が使えません。それを知ってか知らずか、(録画できない事のみが問題にされていると取ったのか)この会社は単価が高めの録画機能付きのSTBをメインに押してきました。
やっと空気を読んだのか、最近はSTBに関しては低価格帯のものもアピールし始めましたが、根本のところが解決されていません。気づかないのか、気づいてやっているのか…。

・簡単に入ったり、止めたりというのがやりづらく面倒
無論、ケーブルテレビですから撤去を伴う廃止に関しては、いろいろな手順を踏まなくてはいけない事は当然承知しています。また、ハートネットワークという会社が少数精鋭状態だというのもおぼろげながらも理解しておりますから、人手がかかることがやりづらいというのは理解しているつもりです。
ただ、それ故に専用ホームページなどで簡単にオプションを付けたり、クレジットカードやオンライン申し込み、窓口申し込みシステムの簡素化などに注力しなくてはいけなかったのではないしょうか?

・契約方法の融通が利いていない
その面が表立って感じちゃうのがWimaxでないかと。(他の部分もあるんだろうけど、あげてるときりがなさそうなので、止めておきます)
「そのサービスだけでなく、他のサービスを契約して欲しい」と言うのはわかりますし、セット割引は確かにありがたいのです。ですが、Wimax単体であればクレジットカード決済が可能ですが、ケーブルテレビやケーブルテレビインターネットをセットにすると、口座振替という手段しか用意されていません。(サービス開始当初の話ですので、ひょっとすると既に違う状況になっているかもしれません。ちょっと今度確認してみなきゃね。)

あ、この2点は同じか…。まあ一番大きな所は、サポートの評判があまりよくない。そうでない社員さんもいるし、人数の面での制約はあるんだろうけど、競争相手がいないぶん、あぐらかいていないかなぁとか思っちゃう訳ですよ。評判って結構重要ですよ?…評判を落とす方が多い私が言えたことじゃないんですけども。
せっかく補助金を使うのであれば、CMうんぬんの前にそういうとこ手を入れて欲しいんだけどなぁとか思ってしまう訳です。

あと、これは直接の問題ではないのですが…
割引が同一契約上でしか適用されないというのは別に珍しくもないので、問題はないとは思うのですが、そうすると「Wimaxは息子しか使わないから、Wimaxは息子の口座(クレジットカード)で決済させたい」とか「家でケーブルテレビを使ってるけど、親はネットに無縁。個別で契約可能なら即決できるんだけど」という人に対してメリットはありません。で、単独で契約した場合に料金的にメリットがあるのかというと、エリア面を考慮すると競合他社(UQWimaxと、そのネットワークを使ってサービスを提供する会社)に勝っているかというと、微妙です。
というのも、エリアの特性上、近隣(四国中央市、今治市)にも頻繁に行かれる方も多く、近隣の地域WIMAX事業者とのローミングが不可欠なのですが、その見込みがまだ…。(その前に四国中央市のケーブルテレビってWimaxのサービスを提供してましたっけ?) 
Wimaxはケーブルテレビインターネットのように、自宅に工事で伺う必要もない訳ですし、「別請求でも割引」を考えてた方が、需要の開拓はしやすいのではないのでは?と思うのですが。…コストは確かに増えてしまうんですけど。
コミュニティチャンネルのVODサービスを「自社サービス契約者」に限定したのももったいないと思います。確かに決済手段の問題はあるのですが、そもそも自社サービスじゃなくて、他社のサービスに載せてしまった方がコストは少なくて済むと思いますし、なんでまた自前で用意してしまったか…と。

もっとも、「あれ?なんでハートネットワークがそこに手を挙げているの?」と思うくらい、新しいサービスに意欲的という面はものすごくスゴイと思いますし、別に毛嫌いしてる訳でもないんですよね。
「ただ…」と続く訳ですが、おそらくこの会社をご存じな方は似た事をお考えでしょうから省略させて頂きます。