私を含めて、耳も言葉も問題の無い人の場合には、消防や救急の場合は119に電話する訳なのですが、耳が聞こえなかったり、少し会話が困難だったりする人にとってはそれは難しい話で、電話以外の代替手段を用意する事になります。
存じ上げてはなかったのですが、その方法の一つが「ガチャピー」という妻鳥通信工業が開発したシステムだそうで、新居浜市もそれを導入しているようで、今回この通報方法が平成26年4月1日から変更となるようです。
新居浜物語(新居浜市公式ホームページ) > 緊急Web通報システム「ガチャピー」の変更について

既に利用されている方については移行手続きが必要だそうなので、該当の方はリンク先に記述されております、説明会等で移行手続きを行って下さい。説明会には新規利用希望者の参加も可能なようです。詳しくは新居浜市消防本部通信指令課(リンク先参照)にお問い合わせ下さい。

妻鳥通信工業という会社も新居浜にある会社で、割と意外なものを開発されていたりするようです。新居浜生まれの新居浜育ちの割に把握しておりませんので、自分の勉強も兼ねて特集してみたいですねぇ。
主な対象者としては、本当に冒頭に書いた通りの人だとは思うのですが、昨今家に固定電話がないお宅もあるようですし、スマホも割と普及している訳で、これ、「それ以外の人」でも使える状況だと助かるよねってケースも出てきそうな気がするんですよね。
もちろん、固定電話がそばにあれば固定電話からかけるのが一番確実なのですが、緊急事態ってそんな時ばかりではないですよね。